小川山 おむすび山スラブと偵察

6(
おむすび山スラブと偵察(ラスト・ワン、水晶スラブ)

昨夜からの雨は朝になってもやまず、ようやく上がった岩場は遠目からもびしょ濡れ、
しかも中央道が途中通行止めで集合できない方も
なので本日の講習は中止に。

すでに来てしまった人には申し訳ないので、岩場の偵察と、もしも登れそうなら登りましょうということで、新しいエリア探検となりました。

 

まずは昨年発表された新エリア「ラスト・ワン」
分岐岩手前の涸れ沢を歩くこと数分で到着です。
駐車場からは15分ぐらいでしょうか。

案の定、岩はびしょ濡れ、全く登れません。
エリア自体はこじんまりとしていますが、面白そう。
新しい岩場は新鮮です。

「登りたかったなぁ。。。」

 

次は乾きのいいと言われるおむすび山スラブへ、初めてです。
これだけ通っているのに、行ったことのないエリアも沢山あります(スラブ嫌いなもので)
到着するころには晴れ間も出ました。岩に上がると風通しも良く期待大です。

 

パリパリとはいかないまでも、「パリッ」位の乾き具合です。
初めてのエリアなのですべてがオンサイト、スラブは冷や汗たらたらです。
特にラベンダーはかなりの緊張感で、久しぶりにクライミングの本質味わった気がしました。

二本登ったころから雲行きが怪しく、リメンブランスはTRで。
私も登ろうと思いましたが、雨が降り出しそのまま回収でした。

 

撤収後、水晶スラブ経由で下山。
水晶スラブ、過去に登っているはずなのに思い出せません。それだけ来てないという事でしょうか。
このころまた晴れ間が出ましたが、林に囲まれた岩場は下部が濡れてます。
なので様子見して下山しました。

晴れたり雨降ったりと、天気がコロコロ変わる二日間でした。
秋は快晴の中、一日中気持ちの良いクライミングができることを期待しています。

  • 無名ルート
  • ラベンダー
  • リメンブランス