INDIAN CREEK ROOT

HOME | Rocks | INDIAN CREEK ROOT

INDIAN CREEK ROOT

エリア別ルート情報

エリア別ルート情報

各エリアをクリックすると詳細がご覧になれます。 ※現在Catwallまで

ここに来たらまずはSupercrack Buttress , DonenllyCanyon , Battle of the Bulgeがお勧めです。3つが1つのエリアを形成し、舗装された駐車場にトイレも完備、アプローチも便利で人気のエリアとなっています。


Supercrack Buttress

駐車場

お手洗い(not 水洗)

TOPO

Supercrack Buttress


舗装された駐車場をベースに、SupercrackButtress、Donnlly Canyon、Battle of the Bulgeと3つのエリアを回れます。アプローチも高低差が無く楽な部類に入ります。
エリアの名前にもなっているSupercrackが人気で、常に順番待ちとなっています。


Twin Cracks

5.9★★,60ft
短いながらも、2本のクラックをうまく使わないと登れない。



Incredible Hand Crack
5.10 ★★★★,100ft
黄キャメサイズが続くので、手に合えば快適、合わないと大変。私はタイトハンドだったので快適だった。


Gorilla
5.10+ ★★,110ft
ワイドクラック。手の厚い私はフィストサイズまでなので快適だった。


Keyhole Flake

5.10 ★★,80ft
快適なハンドが続いたような。。。頭を打った後に登ったので、あまり覚えていない。



Coyne Crack
5.11+ ★★★★,70ft
出だしをこなせば女性には快適サイズ。男は最初から最後までハードムーブが続くようだ。


Fingers In A Lightsocket
5.11+ ★★★★,60ft
最強の5.11かも知れない。クラック以外ほとんどフットホールドは使えず、特に後半のムーブはしびれる。


Unnamed
5.9+ ★★,30ft
短いながらも的確なジャムが要求される。出だしは特に慎重に。


Supercrack
5.10 ★★★★,100ft
青キャメサイズが続くので、ワイドハンドからフィストになる。一生分のフィストをしたと言う人もいる。
 

Donnelly Canyon


比較的優しめのルートが多いエリアで、みなTRで楽しく登ってます。
陽当りがよいので、晴れた日中は暑いです。
左隣のBattle of the Bulgeとは地続きとなってますが、ここINDIAN CREEKはルート基部での水平移動が大変なので、一度下まで降りて登りなおした方が早いかもしれません。


Generic Crack 5.10- 120ft

5.10- ★★★★,120ft
黄キャメサイズが延々と続く。ランナウトが嫌なら10個は必要。
中間でワイドサイズが出てくるが、落ち着いて登ればそれほど難かしくはない。



Binou's Crack

5.9 ★★,50ft
私がINDIAN CREEKで初めて登ったルート。コーナークラックなので登りやすいが、初めてだと砂岩のジャリジャリ感に慣れるまでは怖いかも。



Chocolate Corner
5.9+ ★★★,60ft
傾斜は無いが、赤キャメサイズなので手の厚い私はかなり緊張した。このルートでシンハンドサイズが少しは上達した気がする。


Elephant Man
5.10 1P★★,80ft
上を見上げるとElephantが覆いかぶさり迫力満点。


The Naked and Dead
5.8 ,40ft
短いながらもムーブがあり楽しそう(登っていないのでコメント無し)

Battle of the Bulge

 

5.11からのルートが多く、中上級者向けのハードルート目白押しです。
Cave Route(写真中央右の影部分)は神秘的、人気のSwedin-Ringleはいつも人で一杯です。憧れのBig Baby(5.11のワイド)いつになったら登るのやら。。。


Think Pink
5.11- ★★★,80ft
上部はオーバーハングしたクラック。青キャメサイズが続き手の厚めの人には快適なハングだが、女性には厳しいサイズかも。
雪が降った翌日、気温10℃以下の寒い日に登ったので手の感覚が無かった。


Our Piece of Real Estate

5.11- ★★★,110ft
写真中央のライン、とても長いルート。出だしが狭くて大変、強そうな外国人が墜ちてた。中間のワイドはよく見ると。。。
左隣のBig Babyがとても気になるが未だ手つかず(5.11のワイドは想像がつかない)



Warm-up
5.9 ★★,40ft
このエリアのアップルート。とはいえ見た目以上に難しいので、プロテクションはこまめにとった方がいい。
出だしは、内からの方が登りやすい。


Ruby's Cafe
5.13- ★★★★,70ft
トポに#0.4サイズと書いてあるので、まさに自分サイズと思い取付いたが、実は黄エイリアンサイズ。指が入らずほぼレイバック。上部のハング声が豪快で面白い。
まだ登れてないので、登れたらTommy's Cafeと変えたい


Digital Readout
5.12 ,50ft
短いながらもクラックが細く、かなり厳しいムーブがありそう(登っていないのでコメント無し)


Cave Route
5.10+ ★★★★,80ft
洞窟の中にあるルート。Digital Readoutの右隣り。
暗いので目が慣れるまでどこ登るの?だが、見えてくるルートは一直線に駆け上がり神秘的。赤キャメサイズなので手の厚い人には修行(私、該当)


Cal and Andy's Route
5.10+ ,70ft
迫力満点のクラック。ワイドムーブがあり難しそう(登っていないのでコメント無し)


Swedin-Ringle
5.12- ,50ft
短いながらも厳しいムーブがありそう(登っていないのでコメント無し)
終了点からそのまま登るとAir Swedin 5.13となる。

Scarface

 

5.11のルートが多いエリア。日当たりが良いので寒い日も大丈夫ですが、裏を返せば暑い時期は登れません。
道路から岩場の基部までの高低差があり、Supercrack Buttressなどに比べアプローチは大変です(写真半分から下のガレた部分)
INDIA CREEKは奥のエリアほどアプローチが大変なところが多いです。


Spam
5.9 ,50ft
2Pあるルートの1Pめ。
迫力満点。
登っていないので感想無し。


Italian Combo

5.10- ★★,40ft
初見はレイバックになってしまい、かなり奮闘的なムーブになった。完登後TRで登ると、ジャミングの方が数段楽だった。



Ravin' Daves
5.10+ ,100ft
コーナークラック。二つのクラックを使い登る(登っていないのでコメント無し)


Where's Carruthers?
5.10+ ,60ft
コーナークラック。ステミングが使えそう。(登っていないのでコメント無し)
 


Scarface
5.11- ★★★★,70ft
この岩場のエリア名になっている看板ルート。
男性は前半耐えれば、後半は気分は最高になる。
バックにNorth・South Sixshooterと池を入れて写真を撮ると絵になる。

Cat Wall

 

5.11,12が多いエリア。簡単なアップルートはありません。
日当たりがよく日中はかなり暑いです。あまりの暑さに一本しか登っていません。
このエリアは猛禽類の繁殖シーズン(春から夏)は立ち入り禁止です。なので登る場合は秋となります。


King Cat
5.11+ ★★★★ ,85ft
微妙なサイズのコーナークラックは徐々に広くなり、核心のルーフクラックへ最後はこんな所でこんなムーブ。。。


King Cat(Roof)

5.11+ ★★★★,85ft
この日はめちゃくちゃ暑くて他は登らなかった。他のルートの写真が無いので代わりにKing Catルーフ部分のアップを。暑くても乾燥しているのでヌメル感覚はない。