城ヶ崎 シーサイド(4/29)

29(月)
シーズンオフのシーサイドには人がいない。。。
念願の海賊フックを登りきり良かったです。
あきらめないことの大切さ、学びました。

 

これにて今シーズンの城ヶ崎講習は終了です。
また秋からお願いします。

  • 海賊フック
  • 人生楽ありゃ苦もあるさ

城ヶ崎 漁火(4/28)

4/28(
気温もそれほど上がらず、過ごしやすい一日でした。

漁火は短いルートが多いのですが、内容はどれも濃く良い練習になります。

   

  • ジャムウェーブ
  • ホワイトサタデイ
  • 無名シンクラック
  • イサリビクラック・ライト
  • イサリビクラック・レフト
  • 北ウィング

INDIAN CREEK 2019

INDIAN CREEK、5回目となりました。
9日と短い期間ですが、年に一度のお楽しみです。
今回は昨年と行き方を変え、AIRLINEはJAL

「成田~ダラス~グランドジャンクション」という行程です。

飛行機の移動は長かったのですが、車の移動は1時間40分と大幅に短くなり、また宿泊もMOABに7泊できたので、現地での行動がとっても楽になりました。


 

3/16(
成田からMOABへ

B787

飛行機はB787-9
各航空会社のB787エコノミークラスのシートは横に3-3-3の9列が標準ですが、JALは2-4-2の8列、1列少ない分シートは幅48cmもあり、他社のプレミアムエコノミーなみです。またシートピッチも84cmと大分ゆとりがあり快適でした(JAL SKY WIDER
食事もおいしく、飛行時間が長かったこと以外は大満足でした。

日本のAIR LINE 食事がおいしい

 

ダラスフォートワース空港

 

DゲートからBゲートへ スカイリンク

ダラスフォートワース空港からグランドジャンクションへのトランジット

 

セキュリティ検査でまたも呼び止められました。
前々回はドローンのバッテリーでしたので、英語の説明書付けといたら、まさかの

 

小倉羊羹」と「梅干し」。。。

 

説明するのに四苦八苦、みなさん食べ物は気をつけましょう!

羊羹のどこがいけないの?

 

グランドジャンクション到着後、レンタカーを借りに行きます。
今回の同行者たちの中で、英語が堪能な人は皆無。
でもコミュニケーションはポケトークが大成功、その後も大活躍でした。

 

一時間半ほどの運転で

 

「帰ってきたー!」

 

GEAR HEADS

 

キャメロットがぶどう狩りのように

一年ぶりのMOABの街は、変わらずいい雰囲気でした!

 

 


 

 

3/17(
Donnelly Canyon

 

朝食はいつものMOAB GRILL、美味しかった!
アメリカの食事の量は半端なく、2~3人でシェアしないと食べきれません。

MOAB GRILL

 

写真だと大きさがわからない

いつものUS-191からST-211を60mail 1時間走ります。
ちらほらとNEW’S PAPER ROCKやINDIAN CREEKの懐かしい岩が見えてきます。
いつもなら感動!!なのに、正直なところ今回で5回目なのであまり感動はありません。慣れなのか、日本でシーズンが変わり小川山から城ヶ崎へ行ったぐらいの感覚でした。

 

左:Battle of the Bulge 右:Donnelly Canyon

 

初日は、昨年秋からひじの痛みに悩まされているので、様子を見てあまり無理せず過ごします。
Chocolate Cornerはグレードの割に難しい(#1.0から#0.75)

左:Chocolate Corner  右:Elephant Man

 

今年は雲一つない青空で、お天気最高!

 

・Chocolate Corner 5.9+ 50′ ★★★★
・Elephant Man P1 5.10 ★★★
・Binou’s Crack 5.8 ★★★

 



3/18(月)
Battle of the Bulge

Raptor Nesting Climbing Avoidance Areas
猛禽類の繁殖シーズン、クライミングを避けます。

Cat Wall 周辺の規制エリア

 

今回、北部一帯に広がったせいで、例年に比べこのエリアにクライマーが集中しているのか、とっても混んでました。
一応目標にしていた「Ruby’s Cafe 5.13-」は集団が取付いていたので触れませんでした。
肘痛いので、もともと大して登れないのでちょうどよかったのかも。

 

Warm-up

 

トーテムカム、とっても使いやすくお勧め

 

昨年登り損ねた「Hole in the Wall 5.11-」を登ろうと、トポと岩を照らし合わせていたら、それはどうも違うルートのよう。
昨年さんざん見ていたルートは「Our Piece of Real Estate 5.11-」でした。
Hole in the Wallの方は改めて見直すと、とっても迫力のあるルート。
で次回に持ち越し(^^; 

 

左のワイドはBIG BOY、中央がOur Piece of Real Estate

「Our Piece of Real Estate」は、出だしがとってもバットなサイズで思わずうなってしまう。
その後は快適なサイズで無事OS
次に来た強そうな外国人は、出だしで落ちていたよ(‘_’)

 

・Warm-up 5.9+ ★
・Our Piece of Real Estate 5.11- 110′ ★★★★ OS

 


 


3/19(火)

Original Meat Wall

 

今日は旅疲れもありレストしたかったのですが、週後半の天気予報が雨予報になってきました。
なので行ったことのないエリアの偵察に行くことに決定。

South Sixshooter

 

ST-211からダートに入りましたが、道が悪く岩も突き出ていて走行に難儀します。
途中野生の牛と出会いますがかなり興奮している様子
ちょっとやばそうなので、バックしたら牛は去ってくれました。

 

「ほっ」

 

その後はさらに道が悪く、借りてたSUVでは厳しそう(ジープ ラングラーなら大丈夫そう)
何かあっても助け呼ぶの大変そうな場所なので(電波通じない)歩いていくことにしました。
途中またもや牛に遭遇、興奮した牛は地面を足蹴に!
土煙も上がり、こちらは歩きの生身なので緊張感マックス(~_~;)

目を放さずゆっくり後ずさりしたら去ってくれました

 

「。。。」

 

本当に怖いと声出ません。

 

なんでこんなに牛がいるんだ??
んっ?Meet Wallだから???

 

Original Meat Wall

 

The Sickle

岩場の基部からのアプローチはわかりやすかったのですが、着いたらお昼をだいぶ過ぎてしまいました。
疲労もマックス、なので「The Sickle」一本で終わり!
このルート、とってもきれいな弓状のコーナークラックで、日本にあったら大人気だと思います。

 

・The Sickle 5.10 100′ ★★★★★ OS

 


 


3/20(水)

Sparks Wall

 

明日の天気予報は回復せず
なので今日もレストなしで、行ったことのないエリアの偵察に行きました。

Sparks Wall

 

ST-211からBeef Basin Roadへ、車でIndian Creekを渡河します。
駐車スペースは道沿いなのでわかりやすく、他のクライマーもいたのでアプローチも確認でき、だいぶ時間を節約できました。
さすがにアメリカに来てからレストなしの4日目はアプローチでバテバテとなりました。

 

「息切れるー」

ここは人気エリアなのか人が多く、ルートを探すのもすぐに聞けたのでよかったです。

Sparks Wallから駐車スペースを望む

 

疲れもマックスなので今日も一本?と思ったが、目の前のルート「Go Sparky Go」がとても気になって仕方ない。
長さは20mぐらい、グレードは5.11+
見た目上部の弓状はハンドサイズ? オンサイト出来るかもと、ちょとやる気がわいてきました。

 

中間部まではイイ感じ、ところが「んっ?」「あれっ?」サイズが悪くびびってテンション。。。
上部の弓状はフィンガー、見た目と実際の違いにびっくり。フィンガーが意外と自分のサイズだったので

 

「頑張ればよかった」

 

って後の祭りです。
軽くランジして、最後はヒールフックにマントルと、ボルダーチックでナイスなルートだったです。

Go Sparky Go

 

Old Sparky 5.12- 160’ 次回の目標

 

癒されました(名前聞いたのに忘れました)

・Sparkling Zygote 5.10- 65′ ★★★ OS
・Go Sparky Go 5.11+ 70′ ★★★★★ RP(2)

 


 


3/21(木)
レスト

 

朝から予報通り雨が。。。
今日は一日レスト決定。
あーこれで明日も登れない。
INDIAN CREEKでのクライミング終了(T_T)

雨でなく雹です

 

雨のMoabはどこか寂しそう

 

 

砂岩は濡れるともろくなります。

 


 


3/22(金)
Hummer Tour

 

雨は上がったがINDIAN CREEKなどの砂岩は、雨後は水分吸ってもろくなるので、晴れて見た目乾いても一日登れません。

Hummer

 

昨日予約しておいたHummer Tour
Hummerに乗り(運転はしない)MOABの岩場を走ります。
これが面白いのなんの、広大な景色の中を道なき道を突き進む、とってもワイルドなツアーでした。

Moabにはこのような景色が至る所にあります

 

このぐらいの岩は当たり前のように超えていきます

 

UTV、運転してみたい

 


 


3/23()・3/24(
帰国

 

JL011

早朝3時に宿を出てグランドジャンクション空港へ
朝は早いですが、車ですぐなのでとっても楽です。
帰りもJALの広いシートでしたが、飛行時間も長く、さすがに疲れていてちょっと体調崩し気味。
日本に帰ってからの翌週は風邪ひいてしましました。時差ぼけもなかなか治らず年かなぁ。 

 

NEXT IS ALSO INDIAN CREEK

果てしなく続くすぱっと割れたきれいなクラック、そしてその迫力。
行けば行くほどその魅力に取りつかれます。
とっても居心地の良い街、MOABも大好きです。
着いた最初の2~3日 時はゆっくり流れ、後半は一気に加速、滞在した一週間はあっという間でした。

 

「また行きたい!」

 

帰りの飛行機の中では次の予定を考え、わくわくしている自分がいました。

 

日本にもこんなおしゃれな表示あればおもしろいのに

 

Supercrack Buttress

 

Donnelly Canyon

 

1st Meat Wall

 

Technicolor

 

Way Rambo

 


 

城ヶ崎 シーサイド(4/7)

7日(
本日はシーサイド。
シーズンを過ぎたシーサイドはひっそりと10人ほど。
思い思いのルートにたくさんの時間をかけ登ることが出来ました。

 

課題を一歩クリアし前進した人、新たな課題に挑戦する、人みなそれぞれですが、
進歩を実感し、少しずつ克服するのもフリークライミングの楽しみです。

城ヶ崎 漁火(3/31)

31日(
本日は春の陽気
昨日と違いポカポカの一日でした。

 

カムセットに慣れてきたみなさん、自分のセットしたカムで実際にフォールしてもらい、効き具合の確認をしてもらいました。
いつも以上に慎重なセット(^^♪ でも意外と効いていることを確認し自信が深まったようでした。

 

セットの練習だけではいつまでたってもリードできません。自分のカムセットに自信が持てたら初めてリードに繋がります。

城ヶ崎 ファミリー(3/30)

30日(
本日は初岩登り(ジムもなし)の方がご参加。

まずは岩に慣れてもらうこと。

ビレイを覚えてもらうこと。

そしてorderのあった 懸垂下降の様々な方法。

私も初心に帰り、自分を見直すことが出来ました。

桜がとても綺麗でした。