小川山 スラブ状岸壁・親指岩(9/5)

5(
スラブ状岸壁・親指岩

今週末はお天気が不安定、午前中が勝負とみて集合時間を早めました。
朝の小川山は快晴です。
ただ予報のせいか、車は数えるほどしか止まってませんでした。

スラブ状岸壁には私たち含め2パーティだけ、快晴の中気持ちよく登ります。
本日ご参加の方はコロナ情勢の中で全く登っておらず、久々のクライミング、なのでウルトラセブンから。
ブランク感じさせない安定した登りで終了点へ、良かったです。

続いて右隣りの小川山ショートストーリー
出だしのスラブが難しいのですが、これも難なくクリア。

続いてかわいい女
斜上するクラックの処理が難しく、上部の乗越もガバとるまでがバランシーでしたがクリアです。

このころから雲行きが急に怪しくなり、休憩して様子見です。
しかし回復せず雨が降り出しました。
この雨はしばらくやみそうになく、仕方なく下山。

 

帰りにちょっと寄り道して小川山レイバックへ
このルート是非とも登りたかったようで、混雑を予想してましたが誰もいなく良かったです。
雨の中、このルート下だけはパラダイス、気持ちよく登っていただけたようです。

 

壁には蝶々が、「アサギマダラ」だそうです。
??こないだも誰かに聞いたような。。。

 

  • ウルトラセブン
  • 小川山ショートストーリー
  • かわいい女
  • 小川山レイバック